マンスリーマンションを上手に活用しよう!

身の回りの物だけで引越しできる!

マンスリーマンションの最大の特徴は、生活に必要な家具や家電があらかじめ設置されていることです。一般的な賃貸マンションであれば引越し費用と新たな住まいの環境を整える必要がありますが、マンスリーマンションであれば、文字通り身の回りの物だけ持って「カバンひとつ」で引越しが完了します。電気や水道などのライフラインも管理する業者が手続きするので入居してから通常の生活をすることができます。

長期の出張や研修に最適なマンスリーマンション

サラリーマンの中長期の出張や研修などはホテルや旅館などでは費用がかさみます。企業においても期間が決まっている間だけ借りることのできるマンスリーマンションは経費の節約にもつながります。宿泊が目的のホテルなどでは外食が多くなりますが、マンスリーマンションであれば自炊することも可能です。チェックインなどのわずらわしさもなく、自宅にいるように寛げることが魅力です。

また、受験シーズンや就活の際の滞在先としてもマンスリーマンションは活用されています。契約内容にもよりますが複数人でシェアできる場合もあり、長期の旅行時の拠点としても利用できます。

自宅のリフォーム時の仮住まいとして、単身赴任の住まいとして、気軽に一人暮らしのできる場所としてマンスリーマンションは様々な理由で利用する方が増えています。

マンスリーマンションで注意すること

マンスリーマンションでは家具や家電が設置されていますが、入居中に故障や破損した場合の対処法が業者によって異なります。また、契約期間を待たずに退去する場合の規定も様々です。契約する際には、契約内容をしっかりチェックしておくことが大切です。

マンスリーマンションとは、1週間単位で住むことができるマンションのことで、手軽に滞在することができます。

Related Posts