将来設計のための転職!医師として将来をどうするか

多様な将来を描ける医師

医師は将来的に様々な働き方を選ぶことができます。病院やクリニックの勤務医として働き続けることもできますが、パートやアルバイトでも十分に生計を立てることが可能です。あるいは自分のクリニックを開業して働くこともできます。その将来設計に応じてキャリアアップを行うのは賢明な方法であり、アルバイトの求人を探して働いている人も少なくありません。アルバイトをすると専門医として従事しているだけでは得られない経験を積むことができるため、キャリアアップの方法としては優れています。あるいは専門の診療科目で別の現場で働くことにより症例数を増やしてキャリアを構築することも可能です。将来のために役立つキャリアを作りながら稼げるという点で医師のアルバイトには高い人気があります。

将来設計に応じた転職も肝心

近年の傾向として医師が転職することも多くなりました。将来設計に応じて適切なキャリアを構築するには本職から変える必要があるという結論に達することも多いのです。特に開業医を目指したいという医師は一度は転職を経験していることが多くなりました。まずは病院に就職して経験を積み、専門医として一人前になった時点でクリニックに転職しているのがよくあるパターンです。これによってクリニックの現場を知って自分のクリニックを開業するときの参考にしています。クリニックでは患者の獲得競争があるため、まずは現場で経験を積んで何を必要としているかを知ることが重要になっているのです。

医師を非常勤で探す場合、家庭との両立を図りながら働ける点が魅力で、子育てや介護などで常勤が難しい場合でも医師を続けられます。

Related Posts