なぜ医師の転職が増えているのか?理想的な働き方とは何か

医師の転職が増加している理由

仕事とプライベート生活のバランスが取れないために、転職を考える医師は多いです。転職を希望する医師が増えている理由として、勤務時間の長さが挙げられています。当直をしたり、シフトが長かったりして、勤務時間に不満を持つ医師はとても多いです。勤務時間が長いと、プライベート生活にゆとりを持つことができなくなりますので、心身に悪影響をもたらすことが多々あります。中には、体調不良を発症して、仕事に支障が出る場合もありますから注意が必要です。もしも勤務時間を改善したいなら、転職について具体的に考える方法がおすすめです。プライベート生活に余裕を持つことができるように、勤務時間の長さをこだわりの条件として医師の求人を探すことが大切です。

医師の求人を選ぶ場合のコツ

医師の求人を探しているならば、あらかじめ条件を明確にしておくことがポイントです。とりわけ重要な条件は勤務時間です。特に、勤務医として医療機関に就職することを希望している場合には、シフトについて細かくチェックしましょう。さらに、当直の回数について確認することも大事です。また、有給休暇の取得方法や長期休暇の日数を確かめることも忘れないようにしましょう。休暇が多ければ、心身の負担が減りますし、プライベート生活を充実させることができます。家庭の都合などから正職員として働くことが難しい時は、非常勤の求人を重点的に調べる方法がおすすめです。アルバイトやパートならば、シフトが定められているためにプライベート生活を優先しやすくなります。

医師のバイトとは、非常勤を含めた医師の働き方のひとつで、2種類の雇用形態があります。週に何日、決まった曜日に勤務する「定期非常勤」と、特定の日にのみ勤務する「スポット」といった働き方があります。

Related Posts