これだけは押さえたい!面接での心得について

面接では何を求められるのか?

就職活動における大きな課題が面接の受け方です。ここでどのように自分をアピールすれば良いのかが、合否を決めるポイントにもなります。そこで知っておきたいのは、アピールすべきこととは、相手の担当者が知りたいと思うことです。一方的に自分の長所や経験を訴えても、相手が興味を持たなければそれで終わりです。相手の担当者が知りたいのは、目の前の応募者が自分の会社にどれほどの利益をもたらすのかということです。それを踏まえて受け答えする必要があります。

まずは会社が何を求めているのかを把握しよう

会社が求める人材像というものは様々です。即戦力としてすぐに活躍できる人を必要とする場合もあれば、成長力を求める場合もあります。これは求人募集の内容から、ある程度は推察できます。未経験者可能とあれば、成長力の高い人材を必要としていることが分かります。一方で具体的な資格や経験を挙げている会社は、すぐに成果を出せる人材を必要としています。まずは求めるタイプがどのようなものかを理解することが大事です。

アピールは具体的かつ簡潔に

面接では様々なことを観察されます。保有するスキルや経験はもちろんのこと、その話し方によってどんな思考をするのかも読み解かれるものです。同じ結論を伝えるにしても、話の長い人と短い人がいます。会社では即断即決を求められるので、極力簡潔に必要な情報をまとめて話すことが必要です。また説得力を持たせるために、強みなどは具体例を使って説明するのがポイントとなります。このように簡潔かつ説得力をもったアピールをすることで、高い評価を得ることが可能です。

新卒紹介は新卒学生向け無料就職サービスです。専任のカウンセラーがつき、しっかりとしたサポートを受けることができます。

Related Posts