こんなにある!介護業界で活躍するために必要な資格

国家資格まである介護職の資格

介護業界は、医療や福祉業界と同様に資格が多く資格業界とも呼ばれています。その資格には、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修、唯一の国家資格の介護福祉にくわえ、介護業界最高峰のキャリアといわれている介護支援専門員があります。

介護福祉士になるには

介護福祉士の資格の取得には、福祉系大学や養成学校などを卒業する方法と実務経験を積みながら資格を取得して行く方法があります。大学や学校を卒業した際には卒業と同時に介護福祉士資格が取得できるというわけです。介護職は人手不足が続いていますので、ほかの業種に比べて就職先や転職先が見つけ易い業種と言われています

実務経験を積みながらステップアップ

介護職につくには、まずは第一歩目となる介護職員初任者研修を受講することが肝心です。訪問介護の仕事をしながら、次の介護職員実務者研修を受講し、介護のほかにも医療ケアなどを学び、3年以上の実務経験を積むことで国家資格の受験資格が獲得できます。

ハードルの高い試験を受けるには受験勉強の必須

介護福祉士の試験は、幅広い知識が必要となるため、通学型や通信型の講座を受講すると効率的に受験勉強ができます。晴れて合格すれば、介護のプロとして認められ、活躍の幅も広がります。

就職先や転職先が見つけやすい介護職

介護職で仕事を見つけるには、求人募集サイトを利用するのが適切です。通勤し易い地域や自分の希望する条件に応じて検索できますので、その中から求人情報の内容をよく確認することも大切です。無資格や未経験でも募集がありますので、雇用形態にこだわらなければ職場を見つけられるでしょう。

高齢化社会となったため、介護の仕事は非常に重要になります。したがって、介護の求人はとても多いのが現状です。

Related Posts